イメージ画像

HOMEprofile

About 99 ROUTE DU CHOCOLAT

イメージ画像

1977年、チョコレート専門店として【GRIMM】(社名は株式会社グリム)の名前で
東京・江古田にOPEN。当時はトリュフチョコレートの専門店というのは、
ほとんどない頃で“トリュフ”という言葉さえ耳慣れない、そんな時代でした。

特にお年を召した方の目には、丸いきのこ型のトリフは“あんこ玉”に映ったようで
「このあんこ玉は高いね」と言われたこともしばしばありました。
端午の節句やおはぎの季節になると「あんこ玉をわけてほしい」とおっしゃる方も
いらしたなんて今となっては思いもよらぬことでしょう。

4年後、目白に移転。
1988年、社名をスーパーフルットジャパン株式会社に改称。
チョコレート及び焼菓子を【ROUTE DU CHOCOLAT】のブランドでの展開とするとともに
店名を【99 ROUTE DU CHOCOLAT】に改称。
また【SUPERFRUTTO】のブランドで冷菓と氷菓(氷菓は現在製造していません)の部門を増設。

1999年、本郷店open。

【無限】【多種多様】の意味を持つ99とともに、これからも、チョコレートの限りない可能性を
秘める道を辿ってゆきたいと思います。

Message from 99 ROUTE DU CHOCOLAT

イメージ画像

チョコレートは特別な日や特別な時はもちろんのこと、日常のあらゆるシーンに、
嬉しいときも悲しいときも泣きたいときも、ほんのささやかなお礼の気持ちや
小さな励ましの気持ちを伝えたいときにも、それから改まったおつかいものに至るまで、
もっともっと身近なものに感じてほしい、というまさに
「チョコレートとともに暮らしがあり、人生がある」というオーナーシェフの思い。
チョコレートは最高のプレゼント、それは自分自身にも貴方の大切な方へも
ルートデュショコラのお菓子達はすべて私共のアトリエで手作りされています。

音符を紡いで一つの曲が作られるようにチョコレートは一粒一粒手作りされて
“贈り物”という作品として皆様のお手元に届きます。

最上級であり、only oneであることが貴方のチョイスにゆだねられています。
どうぞこの無限に近い可能性を持ったショコラ達を色々なお役に立てていただけますように
ぜひご来店くださいませ。お待ち申し上げております。

cacao - food of the gods

イメージ画像

厳選されたカカオ特産地から選び抜かれたカカオ豆だけを使用することを
かたくなに守り続けているスイスのフェルクリン社のクーヴェルチュール
チョコレートをメインに使用したシェフ独自の配合によるバランスと繊細な味は
ぜひ皆様に味わっていただきたいもの。

完全な温度調節と高度な技術から作り出される、ツヤツヤでなめらかな口溶けの
チョコレートは皆様に目でも楽しんでいただきたいもの。

素材選びから仕込み、製造、完成まですべて熟練したシェフの手ひとつで行われるチョコレートづくり。

自身の納得のゆく素材しか使わないこと、それがシェフの決して譲らないこと。
チョコレート・洋菓子にとどまらず、和菓子の修行経験も随所で生かされた、絶妙なバランスの
配合によるチョコレート、ぜひ一度お試しください。

〜 旅するカカオ 〜 その辿りつくところ

イメージ画像

【99 ROUTE DU CHOCOLAT】がベースとして使っているチョコレートは
2009年春、幸せな再会の時を得た、スイス、フェルクリン社のもの。
そのフェルクリン社が誇りにしてやまないのは、厳選に厳選を重ねた数種の
カカオビーンズが持つ個性と魅力をあますところなく引き出し、繊細でなめらか、
かつ芳醇なクーヴェルチュールへと完成させること。
カカオの生育地を熟知する現地の人々によって収穫されたその日から旅の準備を
始めるカカオ豆。ゆっくりと醗酵をすませ、独特の風味が漂い始めたカカオビーンズは
熱帯の太陽の恵みのもと、十分な乾燥のあと、袋詰めされて港に運ばれます。
そして、ここからはるかスイスに向けてさらなる長旅へと船出するのです。

航海の末、スイスにたどり着いたカカオ豆たちを待っていたのは、伝統的な長時間の練り上げ工程で
まろやかさと芳醇さが引き出される特別な口どけのクーベルチュールへと姿を変える道でした。
スイスのこの地でビーンズ本体のアロマが十分に引き出されたカカオはさらに日本へと渡り、
そこで【99 ROUTE DU CHOCOLAT】オーナーシェフ独自の配合、
創業時からの製法にさらに改良を重ねた技術によって、よりいっそう繊細に
そして贅沢な姿となり、贈り物という作品として皆様のもとへ辿り着くのです。

ふたつのメーカーの技術がひとつになって生み出された深いアロマが漂う数々のショコラたち、
これらが皆様のお口に合うものでありますことを切に願ってやみません。